結婚した片岡愛之助氏と藤原紀香氏が世間からまったく同意されない件




結婚した片岡愛之助氏と藤原紀香氏が世間からまったく同意されない件 | lyu1-web片岡愛之助氏と藤原紀香氏がめでたく結婚式を行なったそうで。
さすが「水素は人間を救っていく★キラリ」と猛プッシュしていただけあって、引き出物は10万円の水素生成器だったという・・・うーん、やっぱ一貫性あるよね彼女。「水素は効果ない」とあちこちで否定されても、心折れないどころかゴリ押しw。

それはいいとして、まあこの二人ほど理解不能で釈然としないカップルもない。
愛之助氏が前の彼女(熊切あさ美氏)と交際中でありながら、横からかっさらったんだか愛之助氏が入れあげたんだかよくわからないが、その過程が不可解極まりなくて、一方で振られた熊切氏が不憫に思えたりして、結果世間からまったく祝福されてない。
もちろん報道もどこまで正しいんだかわからないし、本人たちの主張もどれだけ信憑性があるのかも不明だが。

ただ二人は世間の理解や評価などお構いもせず、結婚に突き進んだという印象。

実は二人のホロスコープにヒントがあった。

内:藤原紀香氏/外:片岡愛之助氏

内:藤原紀香氏/外:片岡愛之助氏

これをみれば、ハナから世間に理解を得られるようなカップルではない、というのが分かる。つまり二人が結びつく過程がどうであれ、しょせん理解され難いエネルギーを持っているから。

1971年と72年という特殊世代である二人の相性は、カオスそのものと言っていい――この世代の持つ双子座の初期と射手座の初期の180度は、ちょっとクセがありすぎる。
できればこの世代同士はくっつかない方がいいのかも・・・否定はしないけど、定期的に何年かごとに波風が立つ可能性が否定できないから。それも大波。

むしろこの相性だからこそ、あの不可解な破局&結びつきだったのだろうと思える、つまり王道的な恋愛や結婚ができるような関係性ではないという――後ろめたさや裏切り感、そして周囲から理解されない、というワードが浮かび上がる定番の相性かも。

さらに言うなら、そもそも藤原紀香氏の結婚運というのはどうなんだろ?
前の結婚も長続きしていないが、それは前夫の浮気が原因とされているけど、仮にそうだったとしても、紀香氏の結婚運が問題なければ、どうだっただろうか。
相手に浮気されるような振る舞いをしていなかったろうか。結婚運の良し悪しとというのは、何も相手が原因ばかりではない。
まあこれは彼女が仕事をしているかしていないかによっても違うけど。

【※ホロスコープ画像はSolar Fire Ver.9を使用】