笹井氏自殺について追記




笹井氏自殺について追記 | lyu1-web笹井氏の自殺についてマスコミ等からいろいろな情報が飛び交っていますが、その中で笹井氏のメールが他者によってリークされていた、というのがあります。
実はその報道を見るまで知らなかったのですが、NHKの番組で笹井氏と小保方さんとの個人的なメールのやり取りの中身を暴露されていたそうですね。極めて個人的なメールのやり取りを。

これについて、前回書き忘れていたことを思い出しました。
それは笹井氏の水星が、水瓶座の17度である、ということです。

笹井芳樹氏:出生ホロスコープ

笹井芳樹氏:出生ホロスコープ

水瓶座の17度は、佐村河内守氏の土星と同じ度数で、「仮面を剥がされる」というサビアンシンボルです。
佐村河内氏の稿で書きましたが、この度数を持つと、親しい人に情報・秘密を暴露されてすべてを失います。佐村河内氏は、新垣氏にそれをされ、今までのキャリアすべてを失ったわけですが、笹井氏もメールを暴露されたのですね。
おそらく近い人の仕業でしょうけど。

ホロスコープには360度の一度一度全てに違った意味がありますが、通常どの度数も、それ単体で人の命を奪うまでのものはありません。
その中でも、この水瓶座17度を含め、かなりヘビーな体験を示唆する度数がいくつかありますが、それらはすべて人生を次のステージへつなげるために、ギャップを経験させられるようなものだ、と思っています。

笹井氏の場合は、前回書いたように、もともと出生に水星・海王星スクエアというホロスコープ上の瑕疵と言えるかもしれないウィークポイントがあったことにより神経症のベースのようなものを持っていたこと、そこを土星が重なって混乱をもたらしてしまったこと、結果それが「犠牲」という土星・海王星の代表的な事象を招いてしまったこと、そしてなにより笹井氏がこれまで挫折知らず(だったかもしれない)人生を歩んできたこと、などが悲劇を招いたのかもしれないですが。

笹井氏も、1962年の土星・海王星スクエア世代です。
土星・海王星を持つ人には、独特の諦めみたいなものがあると思います。
それは、生まれてから、どこかしら「人に理解されない」体験を少なからずしてきているからです。
「どうせわかってもらえない」という。

なぜなら、今までそうだったから。

土星は安定、信頼です。
海王星は、それをぶち破ります。ぶち破るのは、他者であったり、自分自身であったり。

おわり