アメリカ大統領選、メール問題で揺れるヒラリー・クリントン氏ってどうなの?




アメリカ大統領選、メール問題で揺れるヒラリー・クリントン氏ってどうなの? | lyu1-webいよいよアメリカ大統領選挙まであと1週間ほどに迫ってきた。
共和党候補ドナルド・トランプ氏がセクハラスキャンダルで一気に窮地かと思いきや、民主党候補ヒラリー・クリントン氏も、一度は不問に付されたメール問題がここにきて蒸し返され、FBIが調査を再開すると発表されると、トランプ氏の支持率が持ち直すと言った状態。

にも関わらず、クリントン氏は国務長官時代に私的なメールアカウントを使っており、これが倫理的にも安全保障的にも問題ありとされ、ひいては彼女自身の信頼性の低下につながっているようだ。
つまり私的メールを使用することで国家の重要事項がハッキングされる危険性と、何より彼女の判断で公開したくない情報の隠蔽が可能になる。こうしたことが問題視されている。

さらにこれに関して、あの告発サイト「ウィキリークス」がクリントン関係者のメールをハッキングし公開した。それによって、このメール問題が発覚した後のクリントン陣営の右往左往っぷりが顕になってしまい、陣営内でも深刻に捉えているのが露呈してしまった――こうしたことも不信につながっているようだ。

これまでは、あまりのトランプ氏の放言っぷりに、なんだかんだ言ってもクリントン氏が楽勝だろう、とか思っていると、実はそこまで差は付いていないという見方もある。

今回の大統領選が「世紀の嫌われ者対決」と言われているように、トランプ氏と同時にクリントン氏もたいそうな嫌われ者らしく、その高慢な態度・上から目線・人間的に冷たい・ヒステリックといったイメージから、アレルギーを持つ層(特に女性)が多いみたいだ。

また当初からクリントン家の金の亡者っぷりも問題視されてる。「クリントン財団」という団体を介して企業や中国などから巨額の献金を受け取っていたり、ウォール街で行った講演で巨額の報酬を得ていることもそれを裏付ける要素になっている。

こうした疑惑に対し、クリントン氏に比べればトランプ氏のセクハラなど、国家を裏切っているほどの問題ではない、という反応もあるくらいだが・・・考えてみればなんという低レベルなw

そこでヒラリー・クリントン氏のホロスコープを見てみる。
(クリントン氏の出生時間は諸説あるため不明)

ヒラリー・クリントン氏:出生ホロスコープ

ヒラリー・クリントン氏:出生ホロスコープ

まあこれを見るとクリントン氏が嫌われているのもわかるなーという図に見える。最終的にはハウスがわからないとなんとも言えないが。

ただ、ある意味ここまでのものでなければ、女性が大の男を向こうに回してアメリカ大統領候補にまで登りつめるなどということは、なかなか難しいのかもという気もする。

あと懸念されている健康問題はどうなんだろうか。
来年早々問題が出なければいいが。

以前ちらっと書いたように、今後アメリカには動乱が予想されるだけに、今回かあるいは次回選ばれる大統領は気になっているのだが。

【※ホロスコープ画像はSolar Fire Ver.9を使用】