松村沙友理と乃木坂46の関係性、ついでにバナナマン日村




松村沙友理と乃木坂46の関係性、ついでにバナナマン日村 | lyu1-web昨年、不倫スキャンダルが報じられたアイドルグループ「乃木坂46」の主要メンバー松村沙友理ですが、当該スキャンダルに対して運営側から何らかのペナルティが与えられるのかと思いきや、全くお咎め無しどころか、選抜メンバーに選ばれたということで、ファンから批判の声が上がっているとのことです。

正直、「選抜メンバー」というものが、あのグループの中でどれだけの価値が有るものなのか個人的には全く理解していませんが、騒がれるとういうことはそれなりの優位性があったり、特別な待遇なのだろうというのは、なんとなく想像できます。
ネット記事などを読んでいると、この問題は、乃木坂46を含むAKBグループは恋愛禁止というのが前提としてある中で、過去、恋愛スキャンダルが発覚したメンバーに、それなりのペナルティがあったりなかったりという事後処理の不均衡さが、メンバーへの差別があるのではないかという、根本的な不満につながっているようです。

確かに過去には、恋愛スキャンダルによって辞めさせられたり、他のグループに飛ばされたりしたメンバーもいたようなので、そうしたメンバーをずっと応援していたファンにとっては、「今回なんであいつがOKなのか、しかもただの恋愛じゃなくて不倫だろ」という不満は出てきても不思議ではありません。それは、全然例えが違うかもしれませんが、キム・ヨナにいい採点が付いて、同等の演技をした浅田真央に付かなかった時の、我々日本人の不満と同種のものがあるかもしれないです。

さらに今回、この不満を後押ししているのが、乃木坂46が昨年末の紅白歌合戦に落選した原因は、松村沙友理のスキャンダルがNHKから問題視されたからだ、という憶測です。
そうした憶測も付加されつつ、不倫スキャンダルが露呈したにも関わらず、何もお咎めなしどころか、かえって優遇というのは、著しく公平性を欠いたものだと批判を浴びるのは分かる気がします。

一方で、会社というのは利益を追求しなければなりませんから、売れる・あるいは価値のあるメンバーを押すのは、資本主義社会として当然の理論ですし、逆にそれほど価値もないのに、問題を起こして組織に迷惑をかける、つまり差し引きしてマイナスポイントになるようなメンバーには、正直居てほしくない、というのがホンネとしてあると思います。それは会社の経営の基本です。
ということからすると、「恋愛禁止」という原則は、メンバーを取捨選択するときの切り札として、あくまで都合よく使い分けられる「ジョーカー」的なカード、と思わずにはいられないのです。

その理論からすれば、松村沙友理は差し引きしてもプラス、つまり「押す」価値があると会社側から判断されたということでしかないのでしょう。

ただ、ここでそんなアイドル論を語っていてるのは主旨ではないので、検証をしてみたい。
というわけで、見てみます。

ちなみに、今回この検証は、組織←→個人というリレーションシップにおいて、どのようなエネルギーをもたらすか、を証明するいい機会だと思っています。

松村沙友理はオトコ要注意のホロスコープ

松村沙友理:出生ホロスコープ

松村沙友理:出生ホロスコープ

まず松村沙友理自身のホロスコープですが、男性関係に絞ってみると、火星の状態からして、わりと出会いの機会は多い、と判断できます。ただ好みの方向性が一定しないのと、相手に流される傾向は否めないです。つまり「都合のいいオンナ」みたいになってしまう危険性があるということですね。

そして夫を表わす太陽の状態も決して安定的とはいえなくて、これも他人の影響を受けやすくて最終的に真のパートナーを選べない、みたいなものが浮かび上がってきます。

そうした男性傾向が、彼女の生まれ持ったエネルギーにあるので、トータルしてオトコ関係には気をつけた方がいい、というのが言えると思います。

松村沙友理:出生図+現在のトランジット

松村沙友理:出生図+現在のトランジット

今回、彼女がスキャンダルを起こし、非難を浴びた理由をホロスコープから見つけるのは簡単で、トランジットの影響です。
というのは、彼女の乙女座の太陽がトランジットの土星・海王星スクエアの影響をモロに被っているからに他なりません。太陽は彼女の人生の主体であるとともに、上記のように男傾向ということも示しますから、男のスキャンダルによって疑惑・混乱というそのまんまの現象が起こっているだけです。しかもトランジットの火星も関わっているので、攻撃されるわけですね。

乃木坂46における松村沙友理との関係性

今度は乃木坂46と松村沙友理の関係を見てみます。

  • 内側:松村沙友理
  • 外側:乃木坂46
松村沙友理+乃木坂46:相性

松村沙友理+乃木坂46:相性

これを見ると松村沙友理自身の月は、乃木坂46の月とスクエア関係になります。今回のことでメンバー内からも不満が上がっているという報道もありますが、それはつまり乃木坂46の各メンバー(月)と、彼女自身(月)は基本的にそりが合わない、というわけです。もしかして今回のことで彼女はメンバーからは孤立しているかもしれないですね。もちろん月なので内面の感情的な部分でです。表面的な部分はいくらでもお面をかぶることができるので。人間は。

しかしそれよりも、乃木坂46の土星が松村沙友理の海王星とスクエアになっていることの方が問題が大きいです。
つまり松村沙友理は、乃木坂46に「混乱をもたらす存在」であるという関係になっているわけですね。混乱=スキャンダルという風に解釈してもいいですけど。
この松村沙友理と同じ位置に海王星がある世代って、けっこう乃木坂46内にいそうですけどね。

これはどちらが悪いというわけでもなくて、あくまで両者間の関係性によってそういう事が起こりえる相性ということです。以前にちらっと会社と個人間に問題がでる場合がある、と書いたことがありますが、こういうことなのです。
決して個人として問題があるわけではない、組織としても問題ない、特定の両者間においてのみ相性が悪いというか、ネガティブなケミストリーを生んでしまう、という事があるのです。

ただ松村沙友理の場合、それによってグループからペナルティを与えられたりしなかったのは、彼女の太陽が乃木坂46の冥王星に120度になっているのが理由です。冥王星は再生力ですから、例え挫折したとしても復活力を与えてくれます。

ゆえに彼女にとって乃木坂46は、混乱をもたらす、けれど復活させてもらえる、という関係になるのです。

これは会社と個人との関係においても汎用性がありますよね。
会社が自分を最終的にフォローしてくれるのかアンチに回るのか、関係性を見るのにシナストリーはいい判断材料になると思います、

バナナマン日村はもらい事故か

さて、最後になりますが今回、この問題をさらに広げたお笑い芸人がクローズアップされてきました。
バナナマンの日村です。

バナナマンは乃木坂46と一緒に番組をやっていますが、その番組内において日村勇紀が松村沙友理を擁護する発言をしたのが、ファンを刺激してしまったようです。
しかしこれは決してもらい事故でも何でもなくて、そもそも日村氏自身が問題を起こしやすいタイミングにあると言う事です。

バナナマン日村勇紀:出生図+現在のトランジット

バナナマン日村勇紀:出生図+現在のトランジット

彼は1972年の土星・海王星オポジションの世代です。しかも双子座の土星と射手座の海王星の180度です。つまり現在のトランジットの土星・海王星スクエアが、彼の出生の土星・海王星オポジションに絡んでしまっているのです。
しかもごていねいに(?)、月まで絡んでしまっています。オンナ関係、気をつけたいです。

そして結果的に、この配置は松村沙友理の太陽を巻き込むことになりますよね。つまり彼は松村沙友理の擁護をしてはいけなかった。容易に混乱をもたらすことを表します。

しかしこれ、今回以外にもけっこう彼にとってヤバいタイミングです。
気をつけないと、人生ひっくり返りますよね。

というか1971~72年の生まれの人、気をつけてください。
配置によっては、今年はヤバい年かもしれないです。

おわり