ほっしゃん。の引退&撤回騒動のホロスコープ的要因




ほっしゃん。の引退&撤回騒動のホロスコープ的要因 | lyu1-webいよいよ冬って感じですが。
慌ててダウンを引っ張り出す今日このごろです。

星田英利氏:ホロスコープ

星田英利氏:ホロスコープ

星田氏のホロスコープをチェックして気付くのは、そもそも混迷の1971年世代ということがあげられる。この世代の代表格としては女王・藤原紀香氏であり、あの混乱した理解不能なキャラとしての評価は不動だw。

さておき星田氏といえば、以前ツイッターで一般人(と思われる)から揶揄されたことに腹を立て「マネージャー経由で弁護士に連絡したよ。」「どこ行ってもとことん目の前でツブすで。 」などとマジになってやり合い、炎上した事が話題になった件は記憶に残る。
かと思えば長年お茶の間に親しまれた「ほっしゃん。」という芸名を、突然本名の「星田英利」に変更したり、離婚したかと思えばヨリを戻したりと、そこそこ中堅どころの芸人なはずなのに意外と腰が座っていない印象があり、こういうのが71年世代の混迷っぷりを表しているように思えてしまう。

ホロスコープによると、彼の言動の不安定さの根源は水星にあるということがわかる。
水星は言葉やコミュニケーションを示す天体だが、この人の水星は乙女座の8度近辺にある。このレンジは多少「盛りグセ」があるというか脚色する性質があるため、芸人としては話を面白くすることができると思う。

ただこの水星は、アスペクトが荒れているために節度を欠いていると言わざるをえない。つまり「盛った上での節操の無さ」になるので、落差が激しいということになるのだ。あのまま「すべらない話」の常連として、関西芸人の中心の輪の中にいればいいと思うのだが、なにか言動がそうはさせないものがある。
そのあたりが、彼が芸人として常に安定した評価を得られない要因の一つになっている気がする。

水星はその人の考え方の指向性みたいな部分も示すので、そうした節度のなさっぷりは行動にも現れてしまう。で、今はトランジットの影響で最も水星が安定さを失っている状態にあり、その振り幅と不安定さ加減はいつもより以上に大きくなってしまうはずだ。
それがすなわち「引退」と言った側から撤回するという、実に不可解極まりない言動に表れしまったのでは。

【※ホロスコープ画像はSolar Fire Ver.9を使用】