やり過ぎ?集団的自衛権は安部首相の極限パワー




やり過ぎ?集団的自衛権は安部首相の極限パワー | lyu1-web集団的自衛権行使が正式に容認されました。
先日、夏至図を解読した時に、太陽が6ハウスに入ったことをお伝えしましたが、その時に書きましたように6ハウスは国防・軍事ですので、まさにその通りになったと同時に、さてこれからどうなるんだ?まさか中国や韓国とおっ始めるつもりか?との危惧もないわけではない。
なにせ今はカーディナルスクエアですから。

ともかく安部首相のゴリ押しによって、日本は戦争を「放棄する」国から、「するかもしれない」国に変わってしまったわけですから。

ここでは何度も何度も書いていますが、しつこいかとは思いますがいま一度書かせてもらうと、安部首相の出生ホロスコープには5ハウスに山羊座11度の火星があって、ここにいまトランジットの冥王星がどっかりと乗っかっているわけです。

安部首相:出生図+現在のトランジット

安部首相:出生図+現在のトランジット

火星は戦闘力・男性エネルギーであり、山羊座は集団に働きかけて野心的。
5ハウスはやりたいようにやるという場所。
それが10天体のうちでこれ以上ないパワフルな冥王星という援軍を得て、いま最も危険というかパワフルというか何が何でも自分的にやってやる的な攻撃エネルギーを持っているのです。
さらに火星のエネルギーというのは性急ですので、決定は急がれます。

と同時に、牡羊座にある天王星が「既存や過去など打破してやる」といったエネルギーをスクエアで持ち込んでいるため、ゴリ押しもゴリ押し、強引すぎるやり口で、いままで平和国を維持してきた日本は、この首相一人のために(と言ってもいいくらい)ここで大きくカーブを切ってしまったわけです。
ねじれ国会が解消されたのは自民党というか安部首相にとってはこれ以上ない好機だったでしょうが、果たして日本にとってよかったことなのか?・・・答えは未来にしかわかりません。

そうしたエネルギーが関与しているとはいえ、一国の首相として安部首相は、少々やり過ぎに思えます。
特定秘密保護法なども、十分に吟味がなされないまま強引に見切り発車されたがため、近い将来必ず歪みをもたらしそうです。
確かにアベノミクスは一部で一時的な効果をもたらしているかもしれません。しかし一方でまったく恩恵に預かれない一般民も数多くいます。
アベノミクスはこれまで以上に格差を助長するのではないかとも言われます。

忘れてはいけないのは、冥王星はウラを見せる天体だということです。
これも過去に書いていますが、日本国の太陽は蠍座にあります。かつてトランジットの冥王星が蠍座に入った時、日本はバブル経済を迎えました。冥王星の極限パワーを得たのです。
しかし同時に、日本の太陽は冥王星スクエアでもあるため、バブル時は冥王星・冥王星スクエアでもあったわけです。

そしてご存知のようにバブルはひっくり返りました。トランジットの冥王星が日本の太陽を通過した後です。
ウラを見せられたのです。

安部首相も今は冥王星の極限パワーを得ているかもしれませんが、いつコロッと切り替わるかわかりません。
ぜひ国民や周囲に目を配って、賢明な政治運営をお願いしたいものです。

PS.
遠野なぎこはなぜすぐに離婚しちゃうのかとか、やっぱり塩村文夏議員は過去のツイート探られてスレッカラシが判明しちゃたじゃねえかとか、ゴマキに比べて加護ちゃんはなんでああなのとか、書こうと思ったけどやっぱり今日はこのテーマしかないなと思いました。

おわり