ショーンKとかいうでっけえ釣り針、文春のおかげで大漁逃すw




ショーンKとかいうでっけえ釣り針、文春のおかげで大漁逃すw | lyu1-webここのところ、それこそ週替りくらいで話題を振りまく主人公が次から次へと様変わりする中、またまたとんでもない人が出てきましたが。

まるで「大間マグロのはえ縄漁船」並みに、でっけえ釣り針を何本もぶら下げてみた結果、、、

フジTVにテレビ朝日にBSスカパーにJ-WAVEに・・・見事300kgオーバーの本マグロが大漁って話ですw

でも結局、週刊文春に暴かれておしまいっていう。

もしかして、この人のホロスコープを期待している人がいるかもしれないけど、これだけさんざん偽られると、生年月日さえも信じられなくて。

――しかもその生年月日が1968年3月21日、つまり春分っていう・・・

これも「春分という区切りに地球に生まれた俺って、やっぱ選ばれた人間だし」っていう胡散臭い初期設定じゃねーの?っていう疑惑を感じて、ホロスコープ見る気になれないw。

やはりフジTVにはろくなことが起きない

フジテレビ

フジテレビ

でまあ、そんな大物マグロの中で一番ダメージが大きいのはやっぱりフジTVですか。

社運をかけて4月から始まる夜のニュース番組「ユアタイム」でショーンK、いや川上氏がメインキャスターを務める予定だったのが、ドタキャンで白紙。告知用の映像とか広告とか用意していただろうに、すべてがパーという。

ただフジTVに関しては、いま何が起ころうと全然不思議じゃなくて、今後さらにネタ化するのでは。――というのも、組織としてのホロスコープが現在かなりハードな状態になっているので、どんな難関もあり得そうなので。

しかも、まだドン底じゃないはず。
この先もっとハードさがタイトになっていくので、しばらく甘い見通しは危険です。

4月以降、要注意

そういえば、昨年末に行なったイベントで「2016年はろくな年じゃない、4月辺りから注意」って喋ったと思いますが、そろそろその予兆が出てきている状態かもしれないですね。そのろくでもない天体配置に、フジTVのホロスコープはモロに巻き込まれてしまうわけです。

フジに限らず4月以降は、まさかっていう大企業や国・組織も問題が露呈するかもしれないし、そうなったらなったで混乱化・泥沼化は避けられないかも。

いずれにせよ、ショーンKみたいな人が出てくるっていうのも、なんだか現在の天体配置が暗示しているような気がしてますけど。

2016年3月18日現在のトランジット

2016年3月18日現在のトランジット

というのも3/6に火星が射手座に入ったことで、結果的に魚座と射手座に天体が集まり、そこのエネルギーばかりが強まっているという状態。乙女座に木星もあるし。
しかも魚座には海王星・射手座には土星で、なんとなく虚偽・不正・スキャンダラス・不安定な世の流れになっているということですね。

ゆえにここしばらく世の中は安定・安心・信頼度を欠いていくかなと。
人も組織も。

そういう中でショーンKみたいな人も出てくる。
変な女医も出てくる。
石井竜也も不倫バレる。

ついでに桂文枝もリベンジポルノ晒されるw。

昨日あたりも広島でトンネル多重衝突事故や千葉のグライダー墜落があったし、その前もJR高崎線の配電盤が焼けた事故など、世の中が安定感を欠いてきているということですね。

おわり

【※ホロスコープ画像はSolar Fire Ver.9を使用】