人質問題、ヨルダンが絡んでさらに混乱化




人質問題、ヨルダンが絡んでさらに混乱化 | lyu1-web昨日、池上彰氏のイスラム国人質関連の生放送特番を見ました。その中で、安部首相の「2億ドル支援」スピーチが、誤解をされて今回の悲劇の原因になった、という説を報じていました。
人道支援のつもりが、イスラム国側にとっては「軍事支援」と受け取られ、結果的に日本が「敵国認定」されたのではないか、だから人質が殺害された、という説です。(現時点では湯川氏殺害は100%確定していませんが)
この説について、あくまで池上氏は「という話もある」というような一つの仮説として展開していましたが、もともとこれを主張している識者は少なからずいるようです。

個人的にも、これはあながち空論でもないと思っていて、というのも前回の記事でも最後の方に書きましたように、日本はいま、天体配置的に言動が誤解を生み易く、なおかつそれによって混乱や犠牲が生じ得る、というタイミングになっているからです。(参照記事:イスラム国の人質になった二人、土星・海王星の犠牲・混乱エネルギー
また、安倍氏のスピーチでの強い口調も、そうした誤解を生む要因の一つだったかもしれません。安倍氏はいま火星冥王星ですからね。

ただ、もしこれが真実であったとしても、現在の安倍政権は「ネガティブな報道を一切許さない」というマスコミに対する言論弾圧が度を超えているので、我々には(おそらく)真実の報道がなされないため、あくまで推論という枠を出ないでしょう。
なにせ歌番組で歌詞を変えたり、アニメが放送自粛になったりしますから。

――そこを切り崩そうとする池上彰氏は、やっぱり「無双」だった、というしかない。

いずれにしても、事態はさらに混迷を極めつつあります。
イスラム国側が、ヨルダンに囚われている死刑囚の受け渡しを交換条件にしてきたことで、ヨルダン国家を巻き込んでの問題に広がってきています。ヨルダンはヨルダンで、うちのパイロットの解放が先だ、となって、どんどん問題が複雑化して、解決からは遠のいて行くような気がします。

これぞまさしく土星・海王星の混乱状態。

こうした現在の天体状況では、そうなるのは必定ですけどね。
早々な平和的解決など、望むべくもないですが。

で、ここで唐突に出てきた「ヨルダン」という国についてほとんど無知だったので、少しネットをこねくり回してみました。
そこで多少なりともわかったことは、ヨルダンという国は産油国ではないために、農業や鉱物などの天然資源を頼りにしている国ということ、ただ、それだけでは成り立たないために、かなり外部からの援助に頼らざるをえないという財政状況だということ・・・しかもその財政を更に悪化させているのが、近年の人口増加の問題で、かねてからの周辺地域の紛争により、イラクやパレスチナからの難民が大量に流入している事が、結果として財政圧迫を招いているという。

そのような経済状況のため、日本からの融資(借款)も相当な額だというから、日本人の人質交換を無碍に断れないヨルダン側の苦悩も見えてくるのです。

ヨルダン:建国図

ヨルダン:建国図

そこでヨルダンの現体制のホロスコープを見てみると、太陽は双子座3度です。

まあ、思ったとおりというか、太陽が柔軟サインの初期というのがねえ・・・今の時期、混乱を招くのにいかにも相応しい、というしかないです。これは偶然というより、巻き込まれるべくして巻き込まれたという言い方がいいのかもしれないですが。

ただヨルダンにすれば、唐突に巻き込まれた感は否めないので、そうとう混乱していると思います。これこそ「もらい事故」なので。
でも占星術的には、もらうべくしてもらっているという・・・点と点が、ここでもつながってしまったのです。

しかもですね、日本とヨルダンのホロスコープを並べてみると、日本の太陽に対してヨルダンの冥王星がスクエアになっている。

  • 内側:ヨルダン
  • 真中:日本
  • 外側:現在のトランジット
日本:ヨルダン:現在のトランジット

日本:ヨルダン:現在のトランジット

日本はもともと、太陽に対して土星と冥王星がスクエアになっている国ですから、外国に対しては立場が弱いんです。中国や韓国や北朝鮮にいつもなじられるのは、日本がそういうホロスコープの国だからです。実際、アメリカからも常にプレッシャーを掛けられていていますしね。同盟国とは言いながらも。
貧乏な国にもたくさん援助しているでしょ?返してもらえるかどうかもわからないお金を。

だから今回のことも、強気に交渉できるかといえば、極めて疑わしいとも思います。安倍氏は相変わらず威勢がいいですけどね。

結局のところ、水面下でお金を支払う、みたいな事になったりして?日本の金星も巻き込まれているし・・・ただ発表はされないでしょうけど。
真実はいつも闇の中・・・蠍座の太陽の国ですから。

我々としては、今のところ事態を見守っていくしかないですが。

おわり