水卜麻美アナと横山裕の熱愛疑惑、ホロスコープで検証してみた




水卜麻美アナと横山裕の熱愛疑惑、ホロスコープで検証してみた | lyu1-web日テレの水卜麻美アナと関ジャニ∞の横山裕に熱愛疑惑が浮上しています。水卜アナといえば、たぶんいま日テレにとってエース的な存在だし、同性からも支持が多くて常に好感度上位をキープしてる、いわば国民的人気のアナウンサーなわけですから、その立ち位置でのジャニーズタレントとの熱愛疑惑っていうのは、ある意味タブー破りでは?とも思えるし、逆に言えばミトちゃん、なかなかの「やり手」だったんだ、という印象を受けもします。

報道は水卜アナにネガティブ

ただ水卜アナにとってこの熱愛報道は、必ずしもおめでたいものではないようで、双方の事務所や会社が否定コメントを出しているのが何よりの証明ですし、このスクープを巡る報道も、水卜アナの「思いあがり」だの「勘違い」だのって書かれていたり、あるいは番組降板もあり得るとか、ネガティブっぽく書かれた記事を見かけるわけですよ。なにせ相手がジャニーズアイドルだけに、いろいろ難しいのはわかりますが。

気がつけば水卜アナももう28才なので、年令的にも色々なことを考えるはずだし、状況的に見ても会社だの事務所だの仕事だの会社員とタレントだのっていう、いろいろな社会的制約がある中で、あえてそこを突破しようとしてるっていうのが、それ相応の覚悟がないとできないはず――我々一般人には計り知れない思惑がうごめく世界ですからね、単に好きとかでくっつけるような甘い世界じゃないので。

そのあたり、何ホロスコープで探れるかもと。

「やっぱり」な水卜アナのホロスコープ

水卜麻美:出生ホロスコープ

水卜麻美:出生ホロスコープ

水卜アナのホロスコープを見ると、太陽は牡羊座にあって射手座の土星とトライン(120度)なんです。土星の側には天王星もあるので、やはりお堅い感じがするんですけどね、これを見る限り。しかも目上から可愛がられるという。

女性のホロスコープにおける太陽は夫を暗示しているので、彼女の夫イメージもそういう感じになるわけなんだけども、夫じゃない「その他男性」っていうのは火星なので、それからするとこのホロスコープの火星は、安定している感じではないんですよね。だからわりと男性遍歴ができちゃいそう、っていうのがまず前提としてあって。

それとこの火星は双子座なので、おそらく博識だったり、コミュニケーション上手だったり、すばしっこそうだったりというのが想像としてあるんだけど、そういうのが彼女の「好きなタイプの男性」とも考えられるので、まあ今回の相手を考えた時に、割と当てはまりそうな感じはあるのかなと・・・まあざっくりですけどね。

でもやはりこの火星は柔軟サインの初期なんです。だから昨年末以来ずっと土星・海王星スクエアの影響を受けていたわけで、そりゃ恋愛スキャンダルが勃発してもおかしくはない。

二人の相性

次に横山裕のホロスコープを重ねてお互いの相性を見てみます。

  • 内側:水卜麻美アナ
  • 外側:横山裕
水卜麻美+横山裕:相性ホロスコープ

水卜麻美+横山裕:相性ホロスコープ

これを見ると彼女の太陽は完全に横山裕の冥王星に影響を受けちゃって、上に書いたように限界突破しちゃうわけですよ。さらに逆もありますよね、横山裕の火星は水卜アナの冥王星に影響を受けちゃうという。この時点ですでにもう「普通の若い男女」っていう感じじゃないよね。お互いに「掟破り」みたいな相互影響を受け合う関係性が見て取れる。

まだありますよ、上に「彼女の好きなタイプ」って書いた双子座の火星、そこに横山裕の水星がピタリと重なっているじゃないですか。そうなると、いちいち彼の言動が彼女のツボにハマるようになってもおかしくない。

まあこういうのを見ると「ああ、それなりに惹き合う相性だからか」というのが根拠として分かるわけで、しょせん男女の相性なんて第三者の勝手なイメージだけではわからない、といういいサンプルかもしれないです。

ただ、そんな二人の相性にしても懸念材料がないわけじゃない――というか、かなり気になる点はあって、それは水卜アナの土星に横山裕の海王星が重なっちゃっているので、これが犠牲や混乱を生じるポイントになり得るだけに、心配ではありますよね。

水卜アナは今後注意

最後に水卜アナのトランジットについて見ますが、

水卜麻美:出生ホロスコープ+現在のトランジット

水卜麻美:出生ホロスコープ+現在のトランジット

今後、太陽に対して冥王星スクエア(90度)となっていくので、すなわち彼女の人生をねじ曲げるタイミングだということになっていきます。それも含め、カーディナルスクエアの渦中なので、人世最大のアップダウンがあってもおかしくないというような状況ではあります。

いずれにしても今年後半~のトランジットの影響が良くないかもしれないので、気をつけてもらいたいものです。

おわり