本日より木星が天秤座に




本日より木星が天秤座に | lyu1-web本日9/9の20時過ぎに木星が天秤座に入ります。
木星は約12年かけて太陽系を一周するので、一つのサインには約一年間滞在することになります。

2016年9月9日20時20分のトランジット

2016年9月9日20時20分のトランジット

一般的に木星は拡大・援助の天体と理解されていますので、たいていの星占いや占星術を扱っているところは「9月以降は天秤座がラッキー星座★♪」みたいなことを書くと思います――が、まあそれはアスペクトその他を無視した単純解釈で、実際は山羊座の冥王星とスクエアになるので、額面通り受け取るのもどうかとは・・・w。

とは言え、天秤座に広がりが出ることはあると思うので、ご自身のホロスコープに天秤座がどこ(何ハウス)にあるかを考慮して、そこで人脈を広げるなりセンスを磨くなりされるといいのでは。なんと言っても天秤座には12年に一度しか巡ってこないので。

風のサインはフラット視点

長いこと風のサインに遠い(=進行の遅い)天体が入っていない時期が続いたので、風のサインの性質である平均性とか平等性みたいなのが軽視され、格差だとか上下だとかイジメだとか差別だとか裏取引みたいな不公平性(右傾化もそうですが)が横行する“いびつ”な世の中が続いていました。

それが木星が天秤座に入ることにより、ようやく少しフラット化の流れも出てくるかもしれません――風の公平性ということで裁判とか告発が増えるとか、あらためて人権や公平性みたいなのが多少見直される動きが出る事が予想されるのです。
ただそうは言ってもしょせん木星なので、世の流れをガラッと変えてしまうほどの影響力はありませんが。

そういえばPCデポの元店員による不正告発みたいなのや、小池百合子都知事が「都民ファースト」と銘打って歪んだ都政・都議会にメスを入れようとしていることとかは、木星天秤座入りの予告事象っぽいですよね。また裁判で言えば、今日あたりはFCがドワンゴを提訴とか、福島第一原発の作業員が東電を提訴とかのニュースが流れてますし。

これらは実際に木星が天秤座に入る前に起こっているのですが、こうした直前予告現象みたいのは常に天体を意識していると気付きますが、よくあることなのです。というのもサインの最終と言うのは、次のサインの準備段階でもあるので。

【※ホロスコープ画像はSolar Fire Ver.9を使用】