木星が乙女座だからって、星占い乙女座だけがラッキーなわけじゃない




木星が乙女座だからって、星占い乙女座だけがラッキーなわけじゃない | lyu1-web予想通り、佐野研二郎氏の疑惑が止まりませんが。
【参照】武藤貴也議員・佐野研二郎氏・ぱるる――今週のやらかし大賞

ネットでは日々、誰かしらによって検証作業が行われ、その結果次から次へと新しい疑惑が浮上するという地獄のループが繰り返されております。ついには、パクることを「佐野る」などという新語まで出てきて・・・これから流行るかもw

木星、乙女座に入る

さて、すでに触れたように木星が8月11日に乙女座に入りました。――つまりこれから約1年間、木星は乙女座に滞在するわけです。

木星が乙女座入り:2015年8月11日

木星が乙女座入り:2015年8月11日

ということは、12星座占い(笑)信者にとって、「これから一年間、乙女座生まれがラッキー」とか、「乙女座にとって12年に一度の幸運期」とかって、「乙女座age祭り」が始まるんでしょうか。

仮にその論が正しいとしたら、これまでの一年間は獅子座がラッキーだったはずですが、果たして獅子座太陽の人たち全員が幸運だったのかという疑問――そうでなければ、その論は成り立たない。

乙女座太陽生まれだけがいいってわけじゃない

木星の拡大チャンスを活かすには、やはりご自身の乙女座の天体に、トランジットの木星が近づいた時がいいのではないかと思うので、なにも乙女座の太陽限定ってわけではない。

しかも一言に乙女座と言っても、0~29度まであるわけですから、何度あたりから影響が出始めるとか・もうそろそろ終わるとか、影響の出るタイミング(範囲)というものがあるのです。ということは逆にそれを利用してトランジット時期をチェックすれば、いつ頃自分の天体に近づくかというのが事前に分かるので、それに合わせて予定や計画の参考にするといい、ということにもなります。

また、それが何ハウスかによっても意味が違ってくるので――例えば1ハウスなら自分力が高まるとか、2ハウスならシンプルに収入が増えるとか・・・6ハウスなら仕事が増えて忙しいだけになったりして、人によっていろいろでしょう。

それこそ太る人もいるだろうし・・・木星は拡大なので。

真の意味での12年に一度は・・・

あと、何の天体と重なるかによっても違います。
太陽なら社会的なこと(妻なら夫のこと)、月ならプライベート・・・っていう風に。

だから12星座占い(笑)がアドバイスするような、恋愛も仕事もプライベートも人間関係もお金も全部ラッキー、みたいな事ってあり得なくて、太陽は太陽、月は月、金星は金星・・・の、それぞれの役割があるわけだから、木星が絡んだ天体のカテゴリーにのみ影響が及ぶわけです。

そんな中でも、真の「12年に一度」っていう意味では、自分の木星に木星が重なる人は、それが当てはまるかもしれないです。いわゆる木星リターン。

だから乙女座木星の人にとっては12年に一度の、「自分の木星の拡大期」っていう事になる――もちろんこれも、何ハウスかによって意味が違ってきます。

全員に木星の影響

だから12星座占い(笑)が言うような、乙女座(及び土のサイン)に太陽がある人だけがラッキーなわけじゃないってことです。

上に書いたように、その他の天体だって木星に影響を受けるわけだし、たとえ乙女座に何も天体を持っていなくても、ハウスが影響を受けることになるので、むしろ乙女座に何もない人が、ある日突然木星のサポートを受ける人もいると思うので――それがMCだったりアセンダントだったりしたら、なおさらです。

だから「アタシ乙女座じゃないから」って、落ち込まなくていいと思います。全員が全員、ホロスコープのどこかしらに乙女座があるので。

要はそういう木星の意味する発展チャンスみたいな事が訪れた時、「やっぱりきたか、待ってました」って用意周到で対応できるのと、「偶然かしら」って無防備に構えているのでは、自ずと次の進むべき道や対応のスピーディーさが違ってくるはずで、どちらが今後の人生にとって賢いのか、は考えなくてもわかると思います。

そして、その事柄に限っては、12年に一度のチャンスということ。――それを逃すか逃さないかは、自分のホロスコープをどこまで把握しているかどうかにかかってきます。

ただやっぱり、積極的に行動している人の方が、影響を実感しやすいとは思います。

おわり