自民党と安部首相のやり過ぎソーリー




自民党と安部首相のやり過ぎソーリー | lyu1-web自民党が衆議院を解散する前日に、放送局に対して「選挙報道に関する要請書」なる、報道圧力ともメディア規制とも取られかねない一方的な文書を出したとのことです。一部ではこれを、自民党による「メディア恫喝」などと言っている識者もいるようですが。
しかしまあ・・どうも先の安部首相のNEWS23でのブチ切れといい、政権与党とそこのトップは、軽々しいというか子供っぽいというか。

安部首相:出生ホロスコープ

安部首相:出生ホロスコープ

生まれに月と火星のオポジション、これは「瞬間湯沸し器」です。
月は感情、火星はコーフンを意味しますから、安部首相の月は常に火星をターゲットにしているわけです。というか火星を写す鏡になってしまう。つまりコーフンしやすい。激情型ですね。

しかも蟹座の月でしょ?蟹座の月って感情の起伏が激しいので、火星とハードアスペクトになると、かなり感情暴走型になります。しかも火星は5ハウスだから、自分のやりたいようにやる。

でも普段の安部首相、そんな風には見えないですよね?

この「普段」というのは、我々が画面やメディアを通じて見る姿でしかないわけだけど、そういう姿なんて単なる外ヅラです。誰だって人前やカメラの前では自分を作りますからね。ましてや政治家のような人なら、特に印象操作は必要でしょう。

安部首相の場合は、その外ヅラを示す金星が蠍座にあって、近くに土星がありますから、真面目で重厚な感じが印象に出るんです。

でも素の個人は、感情は暴走しやすい激情タイプということ。

それがNEWS23で素の部分が露呈しちゃったわけだし、頭に血が上って前代未聞の要請書など出したりしちゃうわけですよね。要請書の名義は荻生田光一筆頭副幹事長と福井照報道局長の連名らしいですけど、誰が名義だろうと安部首相が指示しないでそんな文書出せるわけがないですから。

その安倍さんの暴走しやすい月と火星は、いま完全にカーディナルスクエアに巻き込まれてますし、天秤座の水星も含めてカーディナル・グランドクロスの渦中にあります。

安部首相:出生ホロスコープ+現在のトランジット

安部首相:出生ホロスコープ+現在のトランジット

つまり普段より一層、激情しやすく、過剰反応しやすく、ブチ切れやすい。
たぶん一生の中で一番そうなりやすい。
しかもまだまだしばらく続きます。

一国の首相ですからね。
ぜひとも感情に駆られての安っぽい行動は謹んでいただきたいものですが。

おわり