ともさかりえ氏が意外にも二度目の離婚、実はホロスコープにヒントが・・・




ともさかりえ氏が意外にも二度目の離婚、実はホロスコープにヒントが・・・ | lyu1-web女優のともさかりえ氏が離婚、しかもこれが二度目とのこと。
彼女って、あまりそういうイメージなさそうなんだけどね。つまり結婚に二度も躓くようなっていうか・・・まあその辺紐解いてみるんだけど。

ともさかりえ氏:出生ホロスコープ

ともさかりえ氏:出生ホロスコープ

まずこのホロスコープが興味深いのは、アセンダントの主星、つまり水星がMCに120度だってことだよね。この人は12才の時に事務所の社長にスカウトされたらしいけど、まさに水星の年令で早くも社会に出てきたという。

スカウトされたとか言うと「たまたまだろ」とか「運がいいんだね」とか思うかもしれないけど、こういうのってやっぱりエネルギーの引力みたいなものがあって然りなわけ。
水星は蠍座なので人とのつながりだよね。でこれはアセンダントから来ているから、彼女のキャラそのものにそういう引力みたいなものがあって、それが社会的立場を作るのに貢献するっていうこと。

その点で言うと、スカウトされたくて原宿あたりをウロウロしてる人いると思うけど、そういうのってやっぱり「物欲しさ」みたいなスキを相手に見透かされるわけよね。でレッスン代ばかり取られて騙されたり、AVやらされたりっていうのがあるじゃない・・・その手の怪しいのはホロスコープでチェックすると分かりそうなものだけど・・・その時の自分のコンディションとか、取り巻く天体エネルギーが、どういう風に自分に影響しそうかっていうのを。
そもそも自分にタレント性があるか、持ってるかどうかも含めて。

で彼女の場合、そのスカウトされた頃ってちょうど木星リターンの頃でしょ。木星は4ハウスだからホーム=事務所が縁を広げるわけよね。
同時期にトランジットの冥王星は蠍座にあって、ちょうど彼女の天王星のあたりをウロウロしてた。6ハウスは仕事の場所だし、この天王星は月と120度なので、彼女自身の存在感を際立たせるわけ。それが冥王星によって、より一層輝くという。

で、本題の結婚についてだけど。

実は彼女ってわりとしんどい人かもしれなくて。いろいろな意味で。
2ハウスの月で蟹座で、しかも安定してない月――情緒的にどうなんだろっていう。意外とまわりの人は大変かもしれない。たぶんこれだとアップダウン相当きつくなるのでは。
それとすでに述べた水星だけど、実はハードな状態なので、頭に血が上ると言葉きつくなりそうじゃない。3と5ハウスのハードだからね。

それとこの人って、家の環境とか家庭にネガティブな材料がありそうな気がしてて。すでに述べたように蟹座の月がハードだし、4ハウスに土星でこちらもハード――どちらも家に関連しているポイント。4ハウスは入り口に木星があるけど、途中で土星になるわけよね。最初楽しいんだけど、あとで苦労、みたいな感じで。

あるいは、もしこれらの点が問題なれば体調とかに出そうで。なぜなら乙女座の土星だし、癌とか気をつけたい気がするけど。wikiによれば、拒食症とか精神不安があったって書いてあるけど、やはりそうなるかなっていう感じ。

彼女は蟹座の月と蠍座の金星だから、一見難儀そうには見えないわけよ。むしろ融和性に富んでいるというか、一度溶け込んだら人懐っこい味出してくるはずなので、そこを男が勘違いしそうかも。
ただ中身はどうなんだろっていうね。

実際はけっこうしんどい人なんじゃないの?って思うんだけど。
たぶん。

【※ホロスコープ画像はSolar Fire Ver.9を使用】