皆既月食は何を暗示する?




皆既月食は何を暗示する? | lyu1-web明日(10/8)は皆既月食です。今回は日本のほぼ全域で見ることが出来そうです。
天気予報もいまのところ全国的に晴れの地域が多いですし、時間的にも18時過ぎから始まって21時半くらいまで、そのうちピークは19:50あたりなので、会社帰りなどで見ることができますね。

ただ占星術的に言うと、今回の皆既月食はなかなか例を見ない特徴的なものになります。
まず、活動サインの15度で起こるということ、アスペクトがカイトになっていること、しかもTスクエア(カーディナルTスクエア)であること、太陽と天王星が衝(正確な180度)の直後であること、それから二十四節気の寒露(10月の節入り)であること、などいろいろな要素が重なっているのです。

古来より占星術では、食(=蝕。日食や月食)は、その後世の中に起こりうる「何か」を暗示するものと解釈をされてきていて、食が起こったハウスやサインによって、どのようなことが暗示されているかを予想するものでもありました。
そしてそれらは、概してネガティブな意味に使われることが多かったようです。

たとえそこまで暗示的なものはないにしても、食は通常の新月や満月よりも意味が強いとされ、その理由としてノードの近くで起こるということがあるのではないかと思います。ノードとは黄道(太陽の軌道)と白道(月の軌道)が交差をする南側と北側の2点のことですが、占星術上ではその2点のことをドラゴンヘッドやドラゴンテールと言って、特別な意味をもつポイント(感受点)として挙げています。

ポピュラーな占星術では、ドラゴンヘッドは人との縁が出来る場所、テールは課題の場所、などと解釈をされているので、食はそれらが太陽と月のオポジションと重なるということになり、通常よりも人が多く関わるために事が大きくなるとか、そこには課題が残されるとか、などという風に解釈してもいいかもしれません。
さらに今回は部分食でなく皆既月食ですから、その意味も一層強まるというふうにもなるでしょう。

食にかぎらず、満月は重大な災害や事件が多いという傾向は、A.リーパーなどが発表しています。
満月や新月の時は地球上では大潮になりますが、それは太陽と月の重力が海水に影響しているからで、ならば人間の身体の80%以上は水分で出来ているということを考えれば、その重力の影響がないわけはない、というのがリーパーのいうバイオタイド理論です。

人間にかぎらず、満月は地球上のさまざまな生物に影響を与えています。そもそも満月や新月は出産が多くなると言われていますし、珊瑚は満月の夜に産卵します。そうした月のサイクルが、我々生物の生理に密接に関係しているという説は根強いです。

そこで、今回の皆既月食のホロスコープです。

2014年10月8日:皆既月食

2014年10月8日:皆既月食

ピタリ重なるのは、19:50です。
この時の太陽と月は、それぞれ天秤座の15度と、牡羊座の15度です。
15度は各サインのちょうど中間点であり、サインに穴が開き外敵が侵入する度数です。それは各サインの15度のサビアンの意味を理解すればわかるでしょう。

ちなみに太陽の天秤座15度は、「嵐の後に船が修理を必要として停泊している」というサビアンシンボルです。
これは、嵐の中で航行していた船が、激しい波にのまれて壊されてしまったという状況を描写しています。天秤座は人間関係のサインですから、この場合の「嵐」をワガママな人間と見立てていて、そういう人に振り回されて自分(船)が壊れてしまうという状況を意味しています。
そのワガママな人間こそ、対極にある牡羊座の侵入となるのです。

そして月の方の牡羊座15度ですが、こちらは「日没に踊っている妖精ブラウニー」というサビアンシンボルです。
日没は西の空を指し、東を示す牡羊座とは真反対です。つまり日没とは本来天秤座のことなのです。ここでは天秤座の侵入を許してしまうので、牡羊座本来の積極的・チャレンジと言った性質は影を潜めてしまい、受動的で周囲に迎合するような牡羊座になってしまうのです。

太陽・月両方とも、敵の侵入を許すという15度どうしの月食ですから、確かに何かを不吉なものを暗示するようにも思えます。

また、この太陽と月のオポジションは、山羊座の冥王星と、牡羊座の天王星が絡むことによって、カーディナル・Tスクエアとなります。
冒頭に書きましたように、太陽は天王星との正確な衝を形成した直後であるために、太陽・月ともに、なんらかの衝動をもたらします。そこに冥王星が横ヤリを入れて、ひっくり返します。

一方で火のサインのグランドトラインからなるカイトにもなります。
射手座の火星と獅子座の木星とのグランドトラインなので、テンションが上がります。しかしその行動の結果引き起こることは、カーディナルTスクエア、ということのなのかもしれないです。

いずれにしても今回の皆既月食は、占星術的には非常に興味深いものです。

個人への影響については、ホロスコープのどのハウスで起こっているかを見てみるといいかもしれません。
ちなみに東京では5ハウスと11 ハウスで起こります。

国家などで読む時は、5ハウスは生み出すもの・生産性で、11 ハウスは将来性、議会や友好国の意味になります。そこに8ハウスの冥王星が絡みます。8ハウスは金融・株価・借款なども示します。
そのあたりをキーワードに、なにかイメージしてみるといいでしょう。

おわり