「自力で対処しろ」――てるみくらぶのホロスコープはやっぱり非情だった




「自力で対処しろ」――てるみくらぶのホロスコープはやっぱり非情だった | lyu1-web格安旅行会社てるみくらぶが経営破綻で非難轟々だけど。
ふだん旅行に全く縁がないので、安い旅行会社と言えばH.I.Sじゃないの?程度の知識しかなくて、しかも「てるみくらぶ」っていう存在を今回初めて知ったくらい疎いんだけど、それにしても被害者数約3万6千人、被害総額は約99億円とは、いかにも派手にやらかした感がすごい。

で筆者にできることと言えばホロスコープを検証するくらいだが、これ見ると、確かに「てるみくらぶ」のホロスコープは安さがウリっていうのは分かるような図だよね。それと射手座にいっぱいあって、いかにも海外っぽい。

てるみくらぶ:設立ホロスコープ

てるみくらぶ:設立ホロスコープ

ただ、お金のニオイがしないホロスコープだよなあ。
自転車操業だったって言うけど、そらそうだろ、貯まりそうにないもん。

でやっぱり牡羊座27度の土星ってのはヤバイじゃない。期待を裏切る度数だからね。これに水瓶座の海王星が90度なわけでしょ、これイメージとしては非情な感じ。「情け容赦はありません」みたいな。

だからというか、すでに旅立ってる旅行者達が困ってても「自力で対処してもらうしかない」とか言って放置でしょ。旅行先で宿泊代請求されたりとか、帰国難民になったりしてても、そういう人たちへの対応はスルーだよね。
こういうのが非情感ありありで。

で一緒に倒産した(株)自由自在っていうグループ会社のホロスコープも見てみたんだけど、こっちの方はもっとあからさまで、「儲けのためにお客を騙します」みたいな図になってるわけよね。
こういうのって、当初そういう野望がなくても、だんだんそういうエネルギーになっていくよね。組織自体が。

それと今のところ山田千賀子社長のデータがほとんど出てこないっていうのも、この組織の怪しさをを上塗りしてる。

まあ被害者にはお気の毒と言うしかないけど、なんとかいろいろな救済方法を模索して欲しい。

それとこういう時代だから、消費者は賢くならなきゃいけないという教訓。

組織のホロスコープっていうのもけっこう重要。
フツーの人はあまり気にしないだろうけど。

【※ホロスコープ画像はSolar Fire Ver.9を使用】