AKB盗撮、峯岸みなみ、上重聡アナ、どうせみんな土星海王星




AKB盗撮、峯岸みなみ、上重聡アナ、どうせみんな土星海王星 | lyu1-web ここ最近、ことにスキャンダルが目立ちますが、こういうのはやはり土星・海王星スクエア時代の象徴ですよね。しかも射手座・魚座のスクエアであり、太陽が春分点を通過して新たなサイクルに入ったというのもあるでしょう。
 そういえば春分図について書くタイミングを逃してしまいましたけど、今年の東京の春分図は太陽が12ハウスなんですよね。しかも新月なので、公的にも私的にも、なにか闇の部分・ウラの部分が多いということなんです。その12ハウスには金星・火星・天王星も入りますから、なおさらそれを強調していることになります。報道ステーションの「官邸のウラの圧力」とかもそうかもしれません。土星・海王星はそれが表面化するということでもあります。

AKB元取締役による盗撮

 その中でも、AKBの盗撮はことさらにひどい事件ですけど、以前にも書きましが、AKBはあのような設立ホロスコープですから、どんなスキャンダルが噴出してもおかしくないグループです。ちなみに派生した地方グループ出身のコだとしても、AKBに出世(抜擢?)されると、それまでちゃんとしていたコであっても、スキャンダルや疑惑が出てしまうという場合は多々あるはずです。(参照:AKB48のスキャンダルが止まらないのは宿命付けられたもの?

AKB48:設立ホロスコープ+現在のトランジット

AKB48:設立ホロスコープ+現在のトランジット

 そもそも、AKBのホロスコープは太陽が射手座で月が魚座なので、ことさら今の土星・海王星には影響を受けてしまいます。細かく言えば天王星・月あたりが絡んでいます。月はメンバー、天王星はデジタル、そして海王星という実態のつかめないもの、というのを組み合わせると、「盗撮」というワードが浮かび上がるのは、こじつけと言われるかもしれませんが、まったく当てはまらないわけではないです。

 いずれにしてもAKBのホロスコープに関して言えば、来年初めくらいには、この太陽・月に土星・海王星がタイトに重なってくるでしょうから、どうなるかは推して知るべしです。そもそもが土星・海王星の組織ですから混乱は必至かもしれません。

峯岸みなみ
峯岸みなみ:出生ホロスコープ

峯岸みなみ:出生ホロスコープ

 AKBついでに、またまたスキャンダルが噴出した峯岸みなみですが、ネットでは「また坊主か?」と、そのスキャンダル女王っぷりに呆れる声が出ています。彼女のホロスコープを見ると、AKBにいる限りスキャンダルから抜け切れない、というケミストリー(化学反応)みたいな相互関係が生じます。元来、彼女の出生図には、そうした性質のタネみたいなものはあるんだけど、AKBとの相性においてダイレクトに出てしまうので、これ以上スキャンダルまみれになりたくなければ、早く抜けたほうがいいかもしれません。ただ、今の芸能界って「スキャンダルも話題性」みたいな戦略もありますからね。

 それと彼女は、スキャンダルが致命的にならない=クビとか干されるとか=というものを持っていると思います。つまり、それをうまく転換させてネタにできるキャラがあるっていうか、すぐ復活できるというか・・・。しかも、それでいて憎めないみたいな資質もありますし。それどころか、それが彼女をステップアップさせるかもしれないです。なので、割とアップダウンは彼女の持病みたいなものかもしれません。

上重聡アナ

 というように、峯岸みなみは「またか」で済んでしまう感じですけど、これまでのキャラを崩壊させてしまうほどのインパクトを与えたのが、日テレの上重聡アナウンサーですね。ご存知のように彼は、1998年の夏の高校野球甲子園大会で、PL学園のエースとして横浜高校の松坂大輔と対決し、延長17回まで死闘を演じました。結果は17回を投げ抜いた怪物松坂に敗戦していますが、この試合は高校野球好きの間では「伝説の対戦」の一つとして、未だに語り継がれている名勝負です。

 そして彼は立教大学でも活躍しますが、プロ野球選手にならずに、アナウンサーという職種に進んだわけです。それは彼のホロスコープで言えば、おそらく火星・木星の部分のエネルギーだと思いますが、それはさておき、アナウンサーになったとしても、やはり甲子園球児というイメージとか、伝説の試合で松坂と投げ合った(実際は上重氏は7回からの登板)とか、あのさわやかさとか、そういうポジティブなイメージが先行して、桝太一アナが台頭してくるまで、あの局では上重アナが次世代のエース、とさえ評されるまでになっていくのは自然の成り行きかもしれないです。

上重聡アナ:出生ホロスコープ

上重聡アナ:出生ホロスコープ

 ただそれが、今回のスキャンダルによってどう傾くか? 上重アナのホロスコープを見てみると、彼はもともと1980年の土星・海王星スクエア世代です。この時も乙女座の土星と射手座の海王星という、柔軟サイン同士がぶつかっている時代でした。彼の場合はそれが双子座の金星とも絡んで、Tスクエアになっています。つまり、もともと土星・海王星の疑惑というかスキャンダルめいた性質が彼の中にはあって、それが現在のトランジットにおいて、刺激を受けてしまい露呈した、というのがあるでしょう。しかも今回は、上重アナの月・木星が絡んでしまっている可能性があります。彼が朝7:21以降に生まれていれば、それは間違いありません。この場合、月ですからプライベートでの疑惑ということになります。

 彼は太陽にアスペクトがないのも少々問題ありますね。牡牛座11度にポツンと太陽があるわけですが、どの天体ともメジャーアスペクトがありません。しかもこの度数は物欲を満たしたい度数なので、結果的に手段を選ばずに貪欲さが出て、それが表面化したかもしれないです。

 太陽の行き場がない一方で、その代わりというか金星はアスペクトが華やかな感じなので、一見、人には別け隔てもなく、いい印象を与えるでしょう。ただこの金星は、上述したように土星・海王星とハードに絡んでいるので、犠牲疑惑のウラの顔を持っています。つまり対人やお金で「ウラがある」という解釈ができます。貪欲さとウラの顔、このあたりがキーワードになりますかね。女性の方々、自分の彼氏や旦那がこんな男だとしたら、どうなんでしょう?

 問題になっている、ABCマートの創業者の三木氏とのホロスコープ上の関係を見てみると、上重アナはこの人に対して、犬のように従順です。おそらく言うことは全て聞くといった感じで、絶対に逆らわないでしょう。そういうのが、三木氏にとっては「可愛いヤツ」という風になるのでは。ただ普通の常識から考えて、いくら金持ち、いくら親しい関係、いくら可愛いヤツ、と言ったって、赤の他人に億単位のモノを与えるとは・・・相撲のタニマチじゃないんだから。ちょっと私の貧乏人感覚では理解できませんけど。
 悔しかったら誰か私にも与えてみやがれ!(笑)

・・・冗談はさておき、この二人の間にどういう取引があるのか、報道されている以外にはわかりませんけども、ただホロスコープを見る限り、やはり疑惑は拭えないかも、という印象ですが、実際のところは今後の報道に期待するしかないですね。

 まあ他にも「浪速のエリカ様」こと維新の党の上西小百合議員とか、古賀茂明氏の暴露問題も尾を引いているし、疑惑やスキャンダルの乱れ打ちで、お腹いっぱいという感じの近頃です。

おわり